Google

Yahoo! JAPAN



セサミンといえばサントリーさんが有名ですよね。

セサミンといえばゴマの成分から作られているサプリメントですが、ここ数年でホントに色々な会社から発売されるようになってきていますよね。そもそもサントリーさんが開発したサプリメントだったと思うのですが、パクリ?みたいな感じなんですかね?まぁ、たいていのサプリメントはそういった感じですよね。

金色に輝くサプリを見たことのある方もいるかもしれませんが、自分的には二日酔いに非常に効果的な気がしています。最近では、ヘパリーゼとかウコンとかも流行っていますが、個人的には効力ナンバーワンです!

サントリーセサミンの詳細はココで詳しく見ることが出来ます。二日酔いで悩んでいる方にはお勧めできますよ〜。本当は他にも効力があるようなのですが、こちらは割愛、リンク先でチェックしてみて下さい。

セサミンとビタミンについてのサイト

セサミンとビタミンEの関係について、ご説明したいと思います。ゴマに含まれるセサミンが体内に取り込まれると、肝臓に到達した時点で、抗酸化作用が発揮されるようになります。したがって、セサミンは、肝臓までに行き着かないと、抗酸化作用が発揮されることは、まずないと言っていいでしょう。よく、ごまに含まれるビタミンEの成分のことをセサミンと勘違いする人がいますが、まったくの別物です。もちろけん、ビタミンEにも、抗酸化作用があります。しかし、セサミンと比較すると、セサミンほどの効力には及ばないものと思われます。

ゴマの有効成分・セサミンが豊富に摂れるデザート・レシピをご紹介しましょう。最近、大人気なのが黒ごまプリンです。ゴマに含まれるセサミンの効能が発見され、セサミンは健康食品の分野にも進出してきました。さらに、家庭で手軽にセサミンが摂取できるように、黒ごまプリンはおいしくて、とてもヘルシー、しかも女性にはうれしい美肌効果も期待されます。黒ごまプリンの素が販売されています。

ゴマの発祥地は、約5000年も前、アフリカのサバンナ地帯と言われていますが、日本では縄文時代よりゴマの栽培が始まったと言われています。ゴマは、食物繊維が豊富で、その他には、ビタミンEやミネラルが含まれています。ごまには、白ゴマ・黒ゴマ・金ゴマがあります。それぞれゴマの種の色が違う品種で、ゴマの調理法には、炒りゴマ・ねりゴマ (ペースト状) ・すりゴマなどがあります。

余談ですが、「ゴマ」にまつわる言葉をご紹介しましょう。アラビアの有名な童話に「開け! ゴマ」という言葉が出てきます。ゴマは、英語で「sesame」と言います。「開け!ゴマ」とは、「Open sesame」という言葉になりますが、「解決の糸口」というような意味があり、ゴマの実がはじけて種が飛びだす様子を、扉が開く様子に例える言葉ではないかと言われています。ゴマは、中国では、漢方薬として取り扱われているほど、貴重な食材として認められています。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



DHCなど各メーカーが販売している、ビタミンサプリも上手に利用しましょう。 ビタミン効能検索の使い方 ... 皆様が日頃から摂取しているビタミンやミネラルは、どのうような種類があり、それぞれどのような効能があり、どのような過剰症があるかご存知ですか? ...


Copyright (C) 2008-2013 セサミンとビタミンについてのサイト All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4